名古屋城【日本100名城44】

北陸・東海地方

こんにちは、かもめです。

日本100名城を訪れており、前回岐阜城へ行ったついでに名古屋城にも寄ってきました。

以前にも行ったことがあったのですがその時は雨に降られてしまいました。

今回も着いたときは曇っていたのですが、徐々に晴れてくれました。

見学の所要時間は1時間~1時間30分ほどです。

現在天守閣は耐震性が低いことに対応するため閉館中です。

最寄駅の地下鉄「市役所」駅は交通系ICカードが使えます。

名古屋城

現在名古屋城がある場所はもともと那古野とよばれ、この地を領有していた今川氏が名古屋城の前身となる那古野城を築城したといわれる。のちに織田信長の父信秀が那古野城を奪い信長に与えた。信長が清州城に移ると尾張の拠点も清州城となった。関ヶ原の戦い後、家康は清州城に家康の息子たちが入城した。慶長15年(1610年)家康は大阪城の豊臣秀頼を牽制するため名古屋城の天下普請を命じた。完成後は徳川御三家の尾張徳川家の居城となる。第二次世界大戦で天守・小天守・本丸御殿が焼失した。昭和34年(1959年)鉄骨鉄筋コンクリートで再建された。平成30年(2018年)本丸御殿が木造・伝統技法で復元された。現在天守閣は耐震性が低いことに対応するため閉館中。

名古屋城日本100名城44
別名蓬左城、楊柳城、柳が城、亀尾城、鶴が城、金城、金鱗城、金鯱城
住所〒460-0031
愛知県名古屋市中区本丸1-1
連絡先052-231-1700(名古屋城総合事務所)
交通市営地下鉄名城線「市役所」下車7番出口徒歩約5分
なごや観光ルートバス「メーグル」で「名古屋城」下車すぐ
開城時間等開城時間】※2020年5月時点
9時~16時30分(本丸御殿・西南隅櫓の入場は16時まで)
※天守閣は現在閉館中です。

休城日
12月29日~1月1日
料金
大人・・・・・・・・・500円
中学生以下・・・無料
名古屋城HP名古屋城公式ウェブサイト
スタンプ正門改札所、東門改札所、総合案内所
城地種類平城
築城年代慶長15年(1610年)
築城者徳川家康
ときめき❤❤❤❤
到達までの難易度★★

周辺地図

 

車をご利用の方
正門前駐車場
営業時間:8時45分~9時30分
料金(普通車):30分毎180円

エピソード

最寄駅は地下鉄名城線の「市役所」なのですが、

交通費をケチりまして(240円)JR名古屋駅から歩いて名古屋城へ行きました。

30分ほどで着きました。

事前に地図を用意していったのでまあまあ迷わずに行けました。

今は本丸御殿が復元され見学できますが、

私が行ったときはまだ完成前で外からちらっと見るぐらいでした。

天守閣を見学して金の鯱鉾も写真撮って名古屋城のまわりをぐるっと一周見学しました。

本丸御殿に使う材料を作っている作業の光景を見られるスペースがありました。

職人技って感じです。

しかし、現在名古屋城天守閣は耐震性が低いことに対応するため閉館中です。

外から姿を見るだけです。

本丸御殿を満喫しましょう。

今回名古屋城を訪れたのは2回目なんですがなぜか記憶に残ってないんですよね~。

あまりはまらなかったのかもしれないです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました