今帰仁城【日本100名城98】

九州・沖縄地方

日本100名城巡りをしているかもめです。

今日は日本100名城98番の沖縄県にある今帰仁城なきじんじょうです。

世界遺産にも登録されており、広大な敷地に石垣が残っています。

バスを乗り継いで行ってきましたが時間通りにこないので、

沖縄ではレンタカー移動することを強くお勧めします。

見学の所要時間は1時間~2時間。ゆっくりと過ごしてください。

今帰仁城

今帰仁城が築城されたのは明確にはわからないが、13世紀末から14世紀初めにかけてつくられ15世紀前半には現在の10の郭からなる姿になったと考えられる。14世紀ごろの沖縄本島は北部・中部・南部をそれぞれ北山・中山・南山が支配した三山鼎立の時代で、北山王は今帰仁城を中心に沖縄本島北部を支配下において中国と貿易を行っていた。しかし1416年、琉球全土統一をもくろむ中山王によって滅ぼされた。その後中山氏のものとなった城は1609年に薩摩軍により攻撃を受け炎上し廃城となった。それから城は聖域・拝所として存続し参拝者が訪れている。平成12年(2000年)に世界遺産に登録された。

今帰仁城日本100名城98
別名北山城、今帰仁グスク
住所〒905-0428
沖縄県国頭郡今帰仁村今泊4874
連絡先0980-56-4400(今帰仁城管理事務所)
交通名護バスターミナルから本部循環線で約40分「今帰仁城」下車徒歩約15分
那覇空港から車で約2時間45分(約110km)
開城時間等【開城時間】※2020年6月時点
 5月~8月…8時~19時(入城受付18時30分)
 9月~4月…8時~18字(入城受付17時30分)
【休城日】
 年中無休
【入場料金】
 大人…………400円
 小中高生……300円
 小学生未満…無料
今帰仁城HP世界遺産今帰仁城跡(公式サイト)
スタンプ今帰仁村グスク交流センター
城地種類山城
築城時代13世紀末ごろ
築城者不明
ときめき❤❤❤
到達までの難易度★★★

周辺地図

車をご利用の方
今帰仁城跡駐車場 
料金:無料

旅の思い出

沖縄ではゆいレール「旭橋」駅近くのホテルに宿泊していたため、

那覇バスターミナルから「沖縄バス 117番 高速バスホテルオリオンモトブリゾート&スパ行き」に乗り約2時間。

『ちゅらうみ水族館』すぐ前の「記念公園前」で降りて

沖縄バス 65番 本部半島線 渡久地廻り 名護バスターミナル行き」に乗り換えます。

約10分ほどで「今帰仁城跡入口」に到着です。

そこから約15分ほどわりと緩やかな坂を上っていきます。

到着後、お腹がすいていたので沖縄名物ソーキそばを食べました。

はじめて食べたのでこのお店の味が正解なのかどうかもわからず黙々と食べました。

おそば屋さんの並びにある今帰仁村グスク交流センターでチケットを購入します。

あまり天気が良くなくて今にも雨が降りそうな空模様でした。

広大な土地に石垣が綺麗に残っていました。

やや足場が悪いので歩きやすい靴で行くのがベストです。

一通りぐるっと見てあるきたら結構いい運動になります。

日ごろの運動不足がここで解消されていると思います。

せっかく遠いところまできたので今帰仁村グスク交流センターのすぐ近くにある歴史文化センターへ見学に行きました。

ここでは今帰仁城の跡地から発掘された陶磁器や遺跡を見学できます。

もう十分見て回ったので次の目的地『ちゅらうみ水族館』へ移動します。

バス停まで戻るとまだ時間がだいぶあるようなので少しあることかと思い次のバス停まで歩いていきます。

30分ぐらい歩きましたが一向にバスが来る気配が無い。

歩いてきたのはずっと一本道だったのですが、ついに分かれ道に出くわしてしまいました。

見知らぬ土地で迷子になるわけにはいかないのでおとなしくバス停でバスの到着を待つことにしました。

ようやく来たバスに乗り再び「記念公園前」で降ります。

たびたびテレビで紹介されていたちゅらうみ水族館へわくわくしながら向かいます。

混んでるかなと思ったのですが、入場券売り場は混んでおらずあっさりとチケットをゲット。

館内に入ります。

中は混んでました。

大きなサメいました。よくちゅらうみ水族館の紹介映像で見るサメ。

迫力がありました。海の中であんな大きな生物に遭遇したら覚悟しますね、「もう無理だ」と。

お土産屋さんで沖縄土産定番のちんすこうを購入。

地域限定のぷっちょ・ハイチュウも購入。

それくらいだったなぁ。

沖縄土産はちんすこう以外でなにが有名なのでしょうか。

かさばるものは持って帰れないし、賞味期限がすぐ切れるのも嫌ですし。

旅行のお土産は地域限定のぷっちょ・ハイチュウ・じゃかりこが多いです。

私の場合は。皆さんは何をお選びになりますか?

そんなこんなでちゅらうみ水族館を楽しんでいたのですが、どんどん雲行きがおかしくなります。

帰りのバスを待っているとついに本降りになりました。

沖縄は海に囲まれていることもあり天気がすごく変わりやすいです。

折りたたみの傘を用意しておくと一安心です。

今回は行ってみたかったちゅらうみ水族館に行けて大満足の一日でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました