千早城【日本100名城55】

近畿地方

こんにちは、かもめです。

今回は大阪府にある千早城です。

大阪府と奈良県の県境にある金剛山にあります。

見学の所要時間は30分くらいです。

千早城

千早城は鎌倉時代の末期楠正成が金剛山一帯に築城した山城のひとつ。一帯にある城塞群のうち下赤坂城が出丸、上赤坂城が本丸、千早城が詰城にあたる。元弘3年(1333年)鎌倉幕府の大軍が押し寄せるが正成軍は千早城に籠城して城を囲む幕府軍に大石や大木を落としたりして善戦。その間に新田義貞が挙兵し鎌倉幕府を滅亡へ導いた。その後、千早城は明徳3年(1392年)正成の孫の正勝の時代に畠山氏に攻められ落城し、廃城となった。現在は二の丸跡に千早神社が建つ。

千早城日本100名城55
別名
住所〒585-0051
大阪府南河内郡千早赤阪村千早
連絡先0721-26-7128(千早赤阪村観光・産業振興課)
交通南海高野線・近鉄長野線「河内長野」から南海バス「金剛山ロープウェイ前行き」約35分「金剛登山口」下車徒歩約20分

近鉄長野線「富田林」から金剛バス「金剛山ロープウェイ前行き」で約35分「金剛登山口」下車徒歩約20分

開城時間等【開城時間】※2020年5月時点
年中無休(見学自由)※日暮れ・天候に注意
千早城HP千早赤阪村観光案内
スタンプ金剛山麓まつまさ※定休日金曜日 営業時間:9時~17時
城地種類山城
築城年代元弘2年(1332年)
築城者楠正成
ときめき❤❤
到達までの難易度★★★

周辺地図

車をご利用の方
金剛登山道駐車場
営業時間:7時~19時
料金:普通車 1日600円

エピソード

近鉄長野線富田林駅から金剛バスで金剛登山口下車したらすぐに案内板があったのでそれに従い登って行きました。

千早城だけを見て帰ってくる予定だったのですが、なかなか千早城址を発見することができませんでした。(このページ最初の写真です)

ただ見落としていただけなのですが。(これだけ大きなものを見落とすってどれだけ注意力無いねん!)

地図でもここら辺のはずなのになーっと思いながらもなぜか金剛山を登り切りました。

軽装備で行ってしまい大失敗です。

食べ物は飴しか持っていなくてお腹がすきすぎてつらかったです。

山を登っている間ずっとお腹がなってました。

元気な犬が飼い主と一緒に登ってました。

めちゃくちゃ人が多かったです。

ハイキングゴースとして整備されてますがやはり山道ですので、

皆さんはちゃんと登山の格好をして登ってください。

トレッキングポールがあった方が登りやすいと思います。

ハイキングコースは比較的日陰が多いです。

登ってたら汗をかきますが休憩したらすぐに汗がひいて寒くなります。

体調を崩さないように気を付けてください。

山頂で何か食べられるかなと思ったのですが、めちゃくちゃ混んでたのであきらめました。

いたるところ人、人、人、何かイベントでもあるのかなと思ったのですが何もありませんでした。

お腹がすきすぎて動けないのでさっさと下山してバスで富田林駅まで戻りました。

駅前にあるコンビニで買ったおにぎりがすごく美味しくて心にしみました。

今度は金剛山の登山を目的に登ってみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました