鬼ノ城【日本100名城69】

中国・四国地方

こんにちは、かもめです。

今回からは盆休みに中国地方の日本100名城を駆け足で巡ったことをかいていきます。

4泊5日で岡山県にある鬼ノ城から時計回りに10城一気に行ってきました。

時間的に見学が不十分なところもところどころあり、そこはまた別の機会に訪れたいと思います。

まずは、旅の始まり鬼ノ城です!!

見学の所要時間は1時間半から2時間です。

鬼ノ城

鬼ノ城は日本書紀など古代の正規の歴史書には登場せず謎の城であるが、長年の発掘調査により7世紀に築城したとする見方が強まってきた。鬼城山の8合目~9合目を城壁が2.8kmにわたって巡っている。東西南北に城門が確認されており、このうちの西門は版築土塁、高石垣、角楼などが復元されている。

鬼ノ城日本100名城69
別名鬼ノ城山
住所〒719-1101
岡山県総社市奥坂
連絡先0866-99-8566(総社市鬼城山ビジターセンター)
交通JR吉備線「服部」から徒歩約5km
(JR総社駅からタクシーで約20分)
開城時間等開城時間】※2020年6月時点
年中無休(見学自由)
入場料金
無料
鬼ノ城HP総社市ホームページ
スタンプ鬼城山ビジターセンター
城地種類山城
築城時代7世紀後半説が有力
築城者大和朝廷が有力
ときめき❤❤
到達までの難易度★★★★★

周辺地図

車をご利用の方
鬼城山ビジターセンター
※砂川公園から鬼城山ビジターセンターの駐車場までの約3kmは道幅が狭いので注意。

エピソード

JRの夏の青春18きっぷを使って行ってきました。

どんだけひまやねん。

大阪からJR神戸線で姫路→JR山陽本線で岡山(途中相生で乗り継ぎ)→JR伯備線で総社に到着です。

総社駅は交通系ICカード対応です。

総社駅の近くにレンタサイクルがあったのでそれを利用することにしました。

レンタサイクル荒木」で自転車を借りました。

受付で手続きと地図をもらって早速出発します。

自転車は普通のママチャリです。他にも種類はあるのかもしれないですが

乗りなれたママチャリが安心です。

途中で見つけたスーパーで食料を調達し、山のふもとまで飛ばします。

砂川公園に近くなるにつれ坂道がきつくなります。

砂川公園ではみなさんバーベキューを楽しんでいらっしゃいました。

美味しいにおいが充満してました。

砂山公園に自転車を止めて鬼ノ城まで歩きます。

これがめちゃくちゃしんどい。

登れど登れど着かない。

途中「鬼ノ城まであと○○km」という案内があるのですが、

この数字がなかなか減らない。

めっちゃ登ってるのに。。。

杖必要です。できれば2本。

追い抜いていく車が恨めしかったです。

おそらく砂川公園から1時間ほど歩いてようやく鬼ノ城へ到着です。

まずは体力を回復させるために休憩です。

正直苦労したわりには。。。といった感じです。

歴史に思いをはせることができる方はまた違うのでしょうか。

車を運転できる方は迷わず車で行ってください。

途中道幅が狭くなるところがあるので要注意です。

車同士すれ違うこともありますので

運転が上手な方を連れていった方がいいかもしません。

ハイキングで歩きたい場合は夏は避けて、春や秋の過ごしやすき気候の時がオススメです。

お得きっぷ

JRでは青春18きっぷがあります。

例年の発売時期は

春:3月1日~4月10日(発売2月20日~3月31日)
夏:7月20日~9月10日(発売7月1日~8月31日)
冬:12月10日~1月10日(12月1日~12月31日)

に発売・利用できます。

価格は12050円です。大人・小人の区別はありません。

今回のけちけち中国地方旅行で大活躍の青春18きっぷです!!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました