根城【日本100名城5】

北海道・東北地方

ご覧いただきましてありがとうございます。
(財)日本城郭協会が選定した日本100名城を巡っているかもめです。
さて、今回は東北地方・青森県にある根城に行ってきました。
JR東北本線「八戸」駅からバスに乗り換えます。八戸駅では交通系ICカードは使えないのでご注意ください。(2020年12月時点)。
根城の近くに八戸市博物館があり、合わせて見学となると1時間~1時間半ほどかかります。

根城

根城は南部師行が建武元年(1334年)に築城する。その後、根城は師行の子孫が岩手県遠野市へ移住するまで約300年続き、その後廃城となった。根城には本丸や東善寺跡など8つの郭がある。昭和16年(1941年)に国指定史跡となる。平成6年(1994年)に本丸跡に主殿が復元され、「史跡根城の広場」として整備され、当時の人々の生活の面影が現代に伝えている。

根城日本100名城5
別名
住所〒039-1166
青森県八戸市根城字根城47
連絡先0178-41-1726(史跡根城の広場)
交通JR東北新幹線「八戸」から市営・南部バス「田面木経由」で約15分「根城(博物館前)」下車徒歩約5分
開城時間等開城時間】※2021年1月時点
9時~17時(入場は16時30分まで)
休城日
月曜(第1月曜日・祝日・振り替え休日の場合は開館)、祝日・振替休日の翌日(土・日、祝日の場合は開館)、年末年始
入場料金】☆根城の広場・博物館の共通券☆
一般……………400円(どちらかのみの場合250円)
高校・大学生…240円(どちらかのみの場合150円)
小・中学生……80円 (どちらかのみの場合50円)
根城HP八戸市博物館
スタンプ史跡根城の広場料金所、八戸市博物館受付、根城史跡ボランティアガイドハウス窓口
城地種類平城
築城年代建武元年(1334年)
築城者南部師行(なんぶもろゆき)
ときめき
到達までの難易度★★★

周辺地図

車をご利用の方
八戸市博物館に無料駐車場有

旅の思い出

前日に二戸に宿泊しIGRいわて銀河鉄道・八戸行きで約40分で終点「八戸」駅まで行きます。

JRの「八戸」駅でもあります。

IGRいわて銀河鉄道もJRも交通系ICカードはご利用できないのでご注意ください。(2020年12月時点)

八戸駅からバスに乗り換えます。

改札を出て東口出口に向かって進むとバス停があります。
バス停名は「八戸駅前」になります。

「八戸駅前」は始発ではないため時刻表より遅れてバスが到着することがあります。

今回は約10分以上遅れて到着。ようやく乗り込み予定では約12分。。。なのですが、バスは交通状況により遅れることがよくあります。

移動にバスを利用する場合は時間に余裕をもって予定を立ててください。

バス停「根城」で下車し、やってきた方向の逆に進んでいきます。

するとすぐ大きなカーブがあるのでその道を進むと八戸市博物館が見えてきます。
大丈夫です。迷いません。
南部師行の銅像が博物館前にあり目印になります。

 

日本100名城のスタンプはチケット売り場の所にあります。

博物館の2階が展示室になります。

根城本丸跡へは博物館を出て広場を通っていきます。

博物館・根城本丸跡の共通券を受付で見せて見学。

尚、本丸跡の入城受付にも日本100名城スタンプがあります。

 

 

 

本丸跡まで広場を歩いていきます。

 

遊歩道は整備されております。

 

芝生の上を歩くことになりますので歩きやすい靴、少々汚れてもいい靴にしておくことをお勧めします。

発掘調査により復元された建物があり、当時のお城での生活を想像することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました